• 選び方のポイント

一人親方労災保険の選び方のポイントpoint

一人親方労災保険の選び方とは

一人親方労災保険に加入するためには、主に2つのタイプから団体を選ばなければいけません。
一つ目は業界団体が組織しているタイプで、“○○建設組合”といったような団体です。
このタイプは労災保険以外にも様々な保険を扱っており、一人親方の必要に沿ったサービスを提供してくれます。
場合によっては団体の活動に参加したり、世話役のような仕事も回ってくる可能性があります。

もう一つは、インターネットで加入できるタイプです。インターネットなので、組合費など余計な費用を極力減らすことができます。
とはいえ、安いから良いというものでもありません。実際に信頼できる団体かどうかはきちんと調べてみる必要があります。

ポイントとしては、労災保険料は国がすでに定めているのでどこも同じです。
しかし、違いの出る会費等の費用や、対応の早さなどを比較して検討してみてください。

加入対象地域で選ぶ

特別加入団体は各都道府県の労働局長から承認を得ています。
承認を受けた都道府県の隣接県にお住いの方が加入対象となります。
加入を考えている団体の加入対象地域にお住いの都道府県が含まれているかをご確認してみてください。

加入する際の
良い団体の見分け方

実際に調べてみると、たくさんの特別加入団体があることに気づかれると思います。
では、良い団体の条件とは何でしょうか。

まず特別加入団体というのは、厚生労働省の承認が必要です。
その点では特別加入団体は信頼できると言えます。
次に金額の面でいえば、保険料は国で定めているので、差はありません。
つまり、差が出てくるのは会費等の手続き費用、さらには入会費などです。しかし、保険料以外の費用が安いところが必ずしも良い団体とは言えないかもしれません。
その時は安く加入できても、入会した後で追加費用がかかったり、問い合わせが全然つながらないなど、費用以外の部分でも比較することができます。

もう一つ比較することと言えば、対応です。
「当日加入」や「早い対応」など、特別加入団体のホームページには様々な文句が書かれています。

では実際にその通りの対応がとられている団体はどれくらいあるのでしょうか。
そこで、参考にしたいのが実際に利用した方の口コミです。
始めていく飲食店がどうだったか、友達に尋ねたことはありませんか?
それと同じで、加入する団体も実際に利用した方の声をきくのが一番安心できるのではないでしょうか。

支払方法で比較する

窓口現金払い、カード払い、口座振り込み等、一括払い、分割払い等、支払い方法と言っても各団体によって支払方法は様々です。
特に、保険料は日割りで計算することができません。
かと言って、お仕事先に待ってもらうなんてことはできないことがほとんどです。ご自分のライフスタイルに合った支払方法を選択したいところです。

自分の求める条件で比較する

「一人親方労災保険にはいらないと現場に入れない」と聞くことが非常に多くあります。
ここでポイントとなるのはいつ、何が必要かという点です。
現場に入るためには一人親方労災保険が必要。では“いつ必要”なのか。
今日?明日?今月中?せっかく安く加入できても、現場に入るまでに用意できなければ意味がありません。
必要な時間までに対応してくれる団体を選びたいです。
また、次に考えるのは“何が必要”なのかです。
現場に入るために必要という事は、加入したという証明が必要になります。
その証明は、入る現場によって違います。
加入証明書を持ってきてくれというところもあれば、加入した時に発行される番号が分かればいいよというところもあります。番号だけの場合、必要な手続きを済ませれば番号だけ先に教えてくれるなんてこともあります。
加入証明書が必要という場合、原本が必要なところや、写しがあればいいというところもあります。
必要に応じて、自分の必要なものを提供してくれる団体を選ぶことが重要になります。

労災発生時の対応

実際に加入してしまえば、更新の時以外、ほとんど、団体とやり取りすることはありません。
しかし、労働災害が発生した場合、団体に給付請求書を作成してもらわなければいけません。
その対応もチェックしておく必要があります。
違いが出るのは、対応のスピードとサポートです。労働災害が発生した際には、必要な情報を伝えたり、書類を記入したり、病院に提出したりと面倒なことが多いです。通院ともなると、忙しい中、面倒な処理を続けることも多いです。
その点、一人親方の労災保険特別加入を専門で行っている団体で、それなりの規模があるところであれば、 労災の数も相応にこなしていますし、スムーズな対応をしてくれます。
場合によっては、専任者がいて、アドバイスを受けながら労災事故に対応していきます。その為、加入実績を多く持った団体が安心と言えます。